このページの本文へジャンプする

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

特色

当科では和歌山北部から大阪泉南地域までの地域医療の中核として、耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域全般における標準的診断・治療を安全第一に取り組んでおります。
特に耳科手術、鼻科手術、頸部手術等の手術症例が多く、和歌山県下でも有数の件数を取り扱っています。また口腔・咽頭・喉頭・鼻副鼻腔・唾液腺・甲状腺等すべての頭頸部癌に対し、化学療法、放射線治療および手術を組み合わせた集学的治療に取り組んでおり、標準的治療を基本に患者さんのニーズに合わせたオーダーメイド治療が可能です。

耳科疾患

突発性難聴、メニエール病、めまい症、顔面神経麻痺などに対する内科的治療を入院あるいは外来通院にて行います。手術では、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術、小児の滲出性中耳炎に対する鼓膜換気チューブ留置術、顔面神経麻痺に対する顔面神経減荷術を多数行っています。乳幼児の難聴診断や高度難聴者に対する補聴器のフィッティングも行っています。

鼻科疾患

薬物治療に抵抗性の慢性副鼻腔炎および近年増加傾向の好酸球性副鼻腔炎に対し、鼻内視鏡手術を多数行っています。紹介元のクリニック等の医療機関と連携し、手術治療への移行および術後通院がスムーズに行えるよう取り組んでいます。

口腔咽頭疾患

急性扁桃炎や、扁桃炎が進行した扁桃周囲膿瘍に対する治療を行っています。習慣性扁桃炎に対しては口蓋扁桃摘出術を行います。近年社会的に問題となっている睡眠時無呼吸症候群に対しては終夜睡眠時ポリソムグラフィー等で診断を行い、治療方針を決定いたします。小児のいびき・無呼吸の原因となるアデノイド肥大や扁桃肥大に対し、希望に応じてアデノイド切除術、口蓋扁桃摘出術を行っています。

喉頭気管疾患

嗄声の原因となる声帯ポリープや喉頭腫瘍に対し、喉頭直達鏡による喉頭微細手術を行います。嚥下障害に対しては摂食嚥下サポートチームにより嚥下評価および栄養管理、嚥下訓練等を行っています。

頸部疾患

耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、甲状腺腫瘍など頸部に発生する腫瘍すべてを取り扱い、適応症例に対し手術治療を行っています。術前には頸部エコーや穿刺吸引細胞診にて良悪性の診断を迅速に行います。

頭頸部悪性腫瘍

口腔癌・咽頭癌・鼻副鼻腔癌・喉頭癌・唾液腺癌・甲状腺癌といった頭頸部領域のすべての悪性腫瘍を取り扱っています。腫瘍の進行度に応じて放射線治療・化学療法・手術療法を適切に組み合わせて治療します。化学療法では脳神経外科の協力の下に病変に直接抗癌剤を注入する超選択的動注化学療法を積極的に行っています。進行癌に対しては病変を完全に取り除くとともに術後の形態・機能温存のため、遊離組織移植などの再建手術も併用して早期の社会復帰を目指します。

スタッフ紹介

森山 智美 耳鼻咽喉科部長
平成12年 和歌山県立医科大学卒業
平成20年 和歌山県立医科大学大学院修了
専門:耳鼻咽喉科一般
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
医学博士
小上 真史 第二耳鼻咽喉科部長
平成14年 和歌山県立医科大学卒業
平成22年 和歌山県立医科大学大学院修了
専門:耳鼻咽喉科一般
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本気管食道科学会専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
医学博士
横山 道明 頭頸部外科部長
昭和51年 鳥取大学医学部卒業
専門:耳鼻咽喉科一般、頭頸部腫瘍
再建外科手術、中耳手術
頭頸部がん専門医制度暫定指導医
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本医師会認定産業医
医学博士
福田 祐也 耳鼻咽喉科医師
平成24年 高知大学医学部卒業
専門:耳鼻咽喉科一般
日本耳鼻咽喉科学会専門医

診察日・担当医表

臨床実績・手術件数

  令和元年度
耳科領域 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 75 
 鼓室形成手術 49 
 顔面神経減荷術 14 
 耳瘻管摘出術  11 
 外耳道異物除去術 15 
 外耳道腫瘍摘出術 11 
 アブミ骨手術
 計 175 
鼻領域 鼻内内視鏡下鼻・副鼻腔手術 128 
 鼻中隔矯正術 65 
 内視鏡下鼻腔手術 109 
 鼻骨骨折整復固定術
 上顎洞根治手術
 計 317 
口腔咽頭領域 アデノイド切除術 11 
 口蓋扁桃摘出術 124 
 軟口蓋咽頭形成術
 喉頭直達鏡下喉頭微細手術
 中下喉頭良性腫瘍摘出術 58 
 口唇口腔良性腫瘍摘出術
 唾石摘出術
 計 203 
頸部領域 甲状腺良性腫摘出術
 耳下腺良性腫瘍摘出術 18 
 顎下腺摘出術
 副甲状腺手術
 頸瘻・頸襄摘出術
 気管孔・咽頭皮膚瘻孔閉鎖
 気管口狭窄拡大術
 計 34 
悪性疾患 甲状腺悪性腫瘍手術 11 
 耳下腺悪性腫瘍手術
 舌・口腔悪性腫瘍手術
 鼻副鼻腔悪性腫瘍手術 3
 喉頭悪性腫瘍手術
 下咽頭悪性腫瘍手術
 頸部郭清術
 計 35 
合計 764

このページの先頭へ