このページの本文へジャンプする

南5階病棟

消化器外科・耳鼻咽喉科

消化器外科・耳鼻咽喉科疾患では、手術療法を主体にしていますが、それに伴い化学療法や放射線療法を併用する患者様や終末期を迎える患者様など急性期から終末期まで多様な患者様がいます。それぞれに合わせた看護を実践するために、診療科の医師やコメディカルの人と連携しています。消化器外科では、通院中から術前にパンフレットを用いてリハビリを行うことや、手術後1日目から歩行を促すことで、高齢者でも術後合併症を発症することなく退院することができています。


食道癌術後1日目から歩行練習


栄養サポートチームの病棟ラウンド


先輩パートナーとの点滴の確認


デイパートナーシップでアドバイスを受ける

このページの先頭へ