このページの本文へジャンプする

神経内科

診療体制

常勤医師2名で入院、外来患者の診療にあたっております。

当科では患者さまの待ち時間を考慮し、予約している方を優先して外来診療をさせて頂いております。神経内科に初めて受診される方でも、地域の診療所や病院の先生から地域連携室を通して予約が可能です。受診希望のある方は、まずはかかりつけ医にご相談になってください。紹介状がなかったり、紹介状をお持ちの方でもご予約がない場合においては、診察までに長い時間お待たせする場合がございますのでご了承ください。また患者さまの病状によっては予約時間を前後して診療する場合もございます。どうぞご理解のほど、宜しくお願いします。

まれに神経内科を、精神科や神経精神科、心療内科と混同されたり、誤解されておられる方がいらっしゃいます。当科ではノイローゼやうつ病、心身症、精神病に対する診療は行っておりません。

神経内科の概要

神経内科では、神経系(脳・脊髄・末梢神経・筋肉・自律神経)にあらわれる症状や所見を総合的に診て、その障害を総合的に診断し、内科的に治療する科です。受診される患者さんの症状としては、頭痛、しびれ、歩行障害、ふるえ、麻痺、めまい、物忘れ、けいれん、失神などさまざまです。外科的治療が必要な場合は、脳神経外科や整形外科に紹介します。また、症状によっては、より専門的治療が必要となり、耳鼻咽喉科、眼科、泌尿器科、精神神経科などに紹介することもあります。

神経内科の病気

脳の病変によるもの

  • 脳血管障害(脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作、など)
  • 変性疾患(パーキンソン病やパーキンソン症候群、アルツハイマー病などの認知症、脊髄小脳変性症、など)
  • 感染症(脳炎、髄膜炎、プリオン病、など)
  • その他(多発性硬化症、てんかんなど)

脊髄の病変によるもの

脊髄症(ミエロパチー)、脊髄炎、脊髄梗塞、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、など。

末梢神経の病変によるもの

多発性神経炎、顔面神経麻痺、ギラン・バレー症候群、絞扼性神経炎(手根管症候群など)、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎、など。

筋肉の病変によるもの

多発筋炎、筋ジストロフィー、重症筋無力症、周期性四肢麻痺、ミトコンドリアミオパチーなど

その他

片頭痛、筋緊張性頭痛、三叉神経痛、不随意運動(本態性振戦、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん)、など

スタッフ紹介

梶本 賀義 神経内科部長
平成13年 和歌山県立医科大学卒業
専門:神経内科一般
パーキンソン病などの運動障害疾患、
アルツハイマー病などの認知症疾患、
脳梗塞
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
萬 翔子 神経内科医師
平成24年 北海道大学医学部卒業
専門:神経内科一般
日本内科学会認定内科医
南野 麻衣 神経内科医師
平成26年 和歌山県立医科大学卒業
専門:神経内科一般

学会施設認定

日本神経学会准教育施設
日本認知症学会教育施設

診察日・担当医表

診療実績

神経内科疾患の統計

平成25年 平成26年
初診外来患者数 1,223人 1,184人
再診外来患者数 6,567人 7,795人
入院患者数 64人 94人
平均在院日数 20.1日 13.4日

臨床検査実施件数

平成25年 平成26年
脳CT 676件 582件
脳MRI 522件 464件
脳血流SPECT 142件 140件
心筋シンチグラフィー 20件 29件
頸動脈エコー 7件 19件
脳波 123件 95件
神経伝導検査 92件 73件
針筋電図 針筋電図 36件

医療介護・福祉・在宅医療

平成25年 平成26年
特定疾患申請件数 132件 142件
介護保険意見書記載 174件 171件

学術実績

平成25年 神経内科学術実績

このページの先頭へ