このページの本文へジャンプする

リハビリテーション科

診療概要

リハビリテーション医学は、各種疾患・外傷によって生じた機能障害・能力障害・社会的不利の改善、およびQOL(Quality of Life)の向上を目標に診断・治療を行う医学です。治療の手法として、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、ソーシャルワーク、装具療法などを駆使し、患者さんの到達しうる限りの機能向上を目指し社会復帰へのサポートをいたします。

施設概要と特色

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 運動器疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 集団コミュニケーション療法料
  • がん患者リハビリテーション料

リハビリテーション医学会の研修施設として認定を受けています。

リハビリテーション科では整形外科、脳神経外科をはじめとして殆どの科の入院患者様を対象にリハビリテーションを施行しています。病気や怪我の後、早期からリハビリテーションを推進しており、早期社会復帰を目指します。

地域連携として、地域の病院や診療所などの後方支援に努め、脳卒中や大腿骨近位部骨折などで急性期治療が終わった後もリハビリテーションが必要な患者さんには、近隣の回復期リハビリテーション病院などで、スムーズに継続できるよう地域連携パスの運用も行っております。

診療スタッフ

医師3名(常勤医2名、当番医1名)、受付1名

診察日・担当医表

「リハ医ってなに?」

リハ医による診察

リハビリテーション医(リハ医)とは、リハビリテーション医療の中で、多くの職種と患者さんとをつなぐ窓口であり、リハ医の訓練処方があって初めて、いろいろな訓練が開始されるのです。また必要に応じて義肢・装具の処方など、残された機能を最大限に行かすための治療を行います。

リハビリテーション医

役職 氏名 出身大学 専門医・認定医等
部長 松本 朋子 昭和62年
和歌山県立医科大学卒業
専門:リハビリテーション一般、義肢、装具
日本リハビリテーション医学会専門医
日本リハビリテーション医学会指導責任者
日本整形外科学会専門医
義肢装具等適合判定医師
第二部長
(兼 整形外科)
峠 康 平成2年
和歌山県立医科大学卒業
平成8年
和歌山県立医科大学大学院修了
専門:手の外科、外傷、リハビリテーション一般
日本手外科学会専門医
日本手外科学会代議員
近畿手外科症例検討会世話人
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
日本リハビリテーション医学会代議員
日本リハビリテーション医学会近畿地方会幹事
日本障害者スポーツ協会公認障害者スポーツ医
日本臨床神経生理学会専門医・指導医
日本骨粗鬆症学会専門医
インフェクションコントロールドクター
義肢装具等適合判定医師
医学博士

治療実績(平成25年)

平成25年度(平成25年1月~平成25年12月)に理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行った方

入院 1055例
平均年齢 68.4歳
男性 632例
女性 602例
各科からの紹介件数

各科からの紹介件数

リハビリテーション開始時と退院時の日常生活動作の評価得点(脳血管疾患の場合)

リハビリテーション開始時と退院時の日常生活動作の評価得点(脳血管疾患の場合)

入院患者の退院先(全体)

入院患者の退院先(全体)

入院患者の退院先(脳血管障害の場合)

入院患者の退院先(脳血管障害の場合)

中央リハビリテーション部

セラピスト

理学療法士(PT)6名、作業療法士(OT)3名、言語聴覚士(ST)1名

部門紹介

理学療法

理学療法とは

理学療法

病気や怪我または手術などにより歩行など移動能力を中心とした日常生活動作に制限をきたした方へ、リハビリテーション医の指示のもとで適切な評価を行い解剖生理学および運動学に基づいたテクニックを活用して機能回復訓練を行います。当院では理学療法士6名が明るく和やかに指導・援助を行っています。

作業療法

作業療法とは

作業療法

身体または精神に障害のある方、またはそれが予測される方に対して、その方の主体的な活動を獲得していただくために、諸機能の回復および開発を促す作業活動を用いて、治療、援助を行います。
心ならずも障害が残った場合には、残された機能を最大限に生かしたさまざまな工夫(自助具の作成、福祉用具の導入、住宅改造の相談等)を行い、自分らしくいきいきと生活していただくことができるように、指導、援助を行います。

言語聴覚療法

言語聴覚療法とは

言語聴覚療法

脳卒中・脳腫瘍・神経難病などの病気によって人の話を聞いて理解することが難しくなったり、思ったことを話すのが難しくなる「失語症」や呂律が回らなくなる「構音障害」などの言語障害に対して、機能回復訓練やコミュニケーション方法の支援などを行います。その他にも記憶や注意、認知などが障害される「高次脳機能障害」の訓練や支援、発達上の問題についても評価を行います。
食べ物を噛んだり飲み込んだりしにくくなる「摂食・嚥下(えんげ)障害」についても訓練や指導を行います。食べやすい姿勢や食べ物の形態(ゼリー状・水分にとろみをつける)などを工夫して食べる喜びを取り戻せるよう支援します。

資格・研修終了等

資格名 人数
介護支援専門員資格 3名
3学会合同呼吸療法認定士 3名
糖尿病療養指導士 1名
福祉住環境コーディネーター2級 2名
認定作業療法士 2名
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士 1名

学術実績

平成25年 リハ科学術実績

お知らせ

2013年11月に「がん患者リハビリテーション料」の施設基準を取得しました。リハビリテーション科においても、各診療科から紹介された入院中のがん患者に対して、機能障害、ADL障害などの予防・改善を目的にリハビリテーションを実施しています。

このページの先頭へ