このページの本文へジャンプする

内視鏡センター

私たちは苦痛の少ない内視鏡検査を行っています。
希望の方には静脈麻酔を行っています。
(検査終了後、しばらく休んで頂いています。当日車や自転車の運転はできません。)
私たちは以下の内視鏡検査および治療を行っています。

上部消化管内視鏡(食道、胃、十二指腸)(胃カメラ)

食道・胃・十二指腸を観察します。ハイビジョンスコープや拡大内視鏡を使用することで食道静脈瘤、胃十二指腸潰瘍・ポリープや胃癌などの正確な深達度、範囲診断が可能です。鎮静剤を使用した場合、苦痛をほとんど感じることがありません。通常の検査は10分程度です。

【治療】

胃食道静脈瘤の治療、出血性潰瘍の止血、異物除去等を安全・適格に行っています。その他早期胃癌に対する内視鏡的胃粘膜下層剥離術(ESD)も積極的に行っており、常に質の高い医療を目指しています。

大腸内視鏡

今まで検査に苦痛や不安を感じておられた方にも安心して受けて頂けますよう、適度な鎮静剤の使用と痛みの少ない挿入技術(軸保持短縮法)で苦痛の少ない検査が可能です。通常の検査は20分程度です。

【治療】

最新の拡大内視鏡を使い大腸ポリープ・早期癌の切除を正確な範囲診断、深達度診断のもと施行しています。比較的小さなポリープや癌であれば大腸内視鏡検査時に外来切除が可能です(切除後入院していただく場合もあります)。やや大きなポリープは入院で治療します。


通常の大腸内視鏡

拡大内視鏡(クリスタルバイオレットによる染色後)

気管支鏡検査(肺・気管支の病変の診断・治療)

気管支鏡検査は、肺や気管支に病気の疑いがある場合に、気管支鏡という細径のカメラを用いて、気管支を直接観察したり肺の細胞や組織の一部を採取し、診断を確定します。はじめに気管支の分泌物を抑える注射を行い、スプレーでのどを十分麻酔したあと、口から気管支鏡を挿入し検査を行います。検査にかかる時間は30分から長くて1時間程度です。

【治療】

出血部位への止血処置、病変への薬剤注入やマイクロ波による焼灼、気管狭窄部位の拡張処置などがあります。

内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(胆嚢・胆道・膵)

内視鏡下に胆管・胆嚢・膵管を造影し、総胆管結石、胆管癌、膵癌などの診断、治療を行います。

【治療】

総胆管結石に対して、内視鏡的乳頭切開術(EST)を施行して内視鏡で結石を治療できます

黄疸の患者さんには内視鏡的胆道ドレナージ術(EBD)を行い、緊急であっても内視鏡的に治療可能です。
胆管癌、胆嚢癌、膵癌等で胆道狭窄となり、手術できない場合も積極的に金属ステントを挿入し黄疸などの症状を軽減させています。

超音波内視鏡検査

膵癌、胃粘膜下腫瘍を疑う場合、胃十二指腸内より超音波内視鏡を使い診断を行います。

経皮経肝胆道内視鏡検査(胆管の観察、肝内・胆管結石の治療)

超音波検査を用いて拡張した肝内胆管にチューブを挿入し、より拡張させて、胆管内へ内視鏡を挿入し、胆管癌などの診断をします。

【治療】

難治性の肝内結石症には、手術をせずに結石を破砕し、除去することも可能です。・患者さまの要望にお応えできる内視鏡検査、治療を行っていきたいと思います。

内視鏡的胃瘻造設術

食事が食べられない方や嚥下障害のある患者さんには栄養補給のため、内視鏡を使って、胃内にチューブを留置する胃瘻造設術を施行しています。

現在の内視鏡の流れ

内視鏡をうけたい方は消化器科、内科、呼吸器科、外科をまず受診し、予約してください。

緊急(出血、痛み、黄疸など)の場合には予約がなくても検査をしますので、当日は絶食して受診してください。(消化器内科で受付をしてください)
心臓や脳のご病気などで血液を固まりにくくする薬(ワーファリン、パナルジン、バファリン、バイアスピリンなど)を服用中の患者さんは、必ず申し出てください。不整脈・狭心症などの心臓病、前立腺肥大症、緑内障などのある方も前もってお申し出ください。
妊娠中および妊娠の可能性のある方、薬にアレルギーのある方は前もってお申し出ください。

鎮静剤を使った場合、軽く眠ったような状態で検査をすることになりますので検査後はしばらく病院で休んでから帰宅していただきます。(当日自転車や車の運転はできません)。
なるべくゆったりとした服装でお越しください。
口紅はご遠慮ください。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

前日
夕食は消化の良いものにし、夜9時以降は絶食してください。少量の水分は飲んでいただいても大丈夫です。
当日
朝は絶飲・絶食でおこしください。ただし血圧・心臓のお薬を飲まれている方は、少量の水で服用してきてください。

大腸内視鏡検査

前日
食事は普通に食べていただいて結構です。前日に下剤を飲んでいただくことがあります。
当日
指定の時間に病院に来てから下剤を飲んでいただきます。当日ポリープ切除をされた場合、1週間飲酒や旅行はできません。

血圧・心臓のお薬を飲まれている方は服用してきてください。

気管支鏡検査

当日
検査前の食事は中止して下さい。

平成24年度内視鏡検査・検査実績

上部消化管内視鏡 2236件
(うち内視鏡治療88件、胃瘻造設術27件、超音波内視鏡23件)
大腸内視鏡 1264件
(うち内視鏡治療294件)
胆膵内視鏡(ERCP) 89件
気管支鏡 232件
胸腔鏡 25件
超音波気管支鏡
(EBUS,EBUS-TBNA,平成24年度より導入)
14件

スタッフ紹介

垣本 哲宏 第3消化器内科部長兼内視鏡センター長
和歌山県立医科大学卒
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会認定専門医
日本糖尿病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本医師会認定産業医
このページの先頭へ