このページの本文へジャンプする

内科

内科の概要

当科では、感染症・肝疾患・腎疾患・消化器疾患・血液疾患・膠原病・循環器疾患など幅広い疾病に対応し、内科系疾患全般に渡って診療していますが、糖尿病を含めた栄養代謝性疾患、内分泌疾患の患者さんが多いのが特徴的で、日本糖尿病学会専門医認定指導施設に認定されています。糖尿病の近年の増加は著しく、現在の日本人の生活状況を考えると今後更に増加する疾患です。糖尿病の3大合併症と言われる網膜症、腎症、神経障害もさることながら、この増加の一途をたどる糖尿病が高血圧、高脂血症、肥満などの生活習慣病と相まって心筋梗塞、脳梗塞、下肢の閉塞性動脈硬化症、大動脈瘤等の動脈硬化性疾患を起こす患者さんの増加が国家レベルで危惧されています。私達は微力ながら少しでもこれらの患者さん達への教育指導および治療にお役に立ちたいと願っています。

そこで糖尿病については、個々の患者さんに対するキメの細かい医療に努めており、検査科・放射線科・栄養管理室・看護部の協力による即時検査・即時診断/評価・即時指導/治療が可能です。糖尿病外来は毎日行っており、月間800名余が訪れます。入院はコントロールを目的とした治療入院が主で年間150余名が内科へ入院されます。その他、各種外科手術、眼科・産婦人科・耳鼻科・皮膚科・泌尿器科手術、放射線科治療に際してのコントロールにも寄与しています。平成17年10月1日より「糖尿病センター」を開設し、チーム医療での包括的な糖尿病を中心とした生活習慣病対策を行っています。

教育支援活動として、糖尿病教室を平日毎日開催し入院、外来の糖尿病患者さんの啓蒙にあたっているとともに、患者さんの会である友の会「たんぽぽの会」では100余名の会員が諸活動に参加しています(たんぽぽの会については別項:看護職・医療職部門の栄養管理室を参照)。

さらに内分泌疾患(甲状腺疾患、脳下垂体・副腎疾患等)の患者さんも多く、脳外科、耳鼻科等の協力を得て手術例の経験も多いです。

内科系のご病気でお困りでしたら、是非受診をお勧めいたします。

トピックスコーナー「メタボリックシドロームについて」

ウエスト周囲径が 男性 ≧85cm、 女性 ≧90cm だったら・・・
下記の2項目が当てはまればメタボリックシンドロームです

  1. 高トリグリド血症 ≧150ml/dlかつ/または低HDLコレステロール血症 ≦40ml/dl
  2. 収縮期血圧 ≧130mmhg かつ/または拡張期血圧 85mmhg
  3. 空腹時血糖値  ≧110mg/dl

→ 相乗的に動脈硬化を一段と進行させる

メタボリックシンドロームに該当する方は、動脈硬化になりやすく、心筋梗塞に30倍なりやすいとの報告があり、放置すると大変なことになります。

内臓脂肪面積の測定もCT検査で簡単に出来ますので、おっしゃってください。 糖尿病では網膜症・腎症・神経障害が代表的な3つの合併症として知られていますが、第4の合併症として重大かつ非常に身近な病態である「動脈硬化症」が近年特に注目されています。

動脈硬化症に基づいた心筋梗塞、狭心症や脳梗塞は勿論、最近では下肢の閉塞性動脈硬化症によって数百メートルの歩行に耐えられないような下肢痛や足の冷え、しびれが生じる糖尿病患者さんも増加しています。

当院では足の動脈硬化度を検索する機器で、経時的に観察することで、これらの患者さんの早期発見、早期予防に努めております。

特色

 糖尿病治療の目的は単に血糖を下げることではなく、その合併症を予防することにありますが、かなり進行してからでないと自覚症状はありませんので定期的な診察・検査により、早期発見・治療を行うことが必要です。そのために定期的なABI(動脈の閉塞度・硬化度)測定、頸動脈エコー、自律神経機能検査、頭部MRIなどを積極的に行い早期発見に努めています。また、連続血糖モニタリング(CGM)の導入により、従来の血糖自己測定だけでは見逃されがちであった血糖変動をとらえることも可能になりました。また1型糖尿病患者さんに対する持続インスリン皮下注射(CSⅡ)の導入も積極的に行っています。

見逃されやすい甲状腺疾患につきましても、即日結果がわかるホルモン血液検査、並びに甲状腺エコー検査も行い、すみやかな診断と治療につなげています。

スタッフ紹介

南條 輝志男 病院長

昭和45年 和歌山県立医科大学卒業
専門:総合内科、糖尿病、代謝内分泌、肥満、消化器

和歌山県立医科大学名誉教授
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本内分泌学会専門医・指導医
日本肥満学会肥満症専門医・指導医
日本病態栄養学会病態栄養専門医
日本病態栄養学会NSTコーディネーター
日本医師会認定産業医
医学博士

中 啓吾

内科部長
昭和58年 自治医科大学卒業
専門:内科、糖尿病
日本医師会認定産業医
医学博士

若﨑 久生 健康診断部長
第二内科部長(兼)
糖尿病センター長(兼)
昭和61年 和歌山県立医科大学卒業
平成2年 和歌山県立医科大学大学院修了
専門:総合内科、糖尿病、内分泌疾患、代謝疾患
和歌山県立医科大学臨床教授
日本内科学会認定内科医・専門医・指導医
日本内分泌学会専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
医学博士
三長 敬昌 内科医師
平成22年 和歌山県立医科大学卒業
専門:総合内科
日本内科学会認定内科医
太地 真衣美

平成25年和歌山県立医科大学卒業

専門:総合内科
日本内科学会認定内科医

中島 咲子 内科医師
平成26年 和歌山県立医科大学卒業
専門:総合内科、内科一般
日本内科学会認定内科医

診察日・担当医表

学術実績

平成25年 内科学術実績

話題

糖尿病

糖尿病の近年の増加は著しく、現在の日本人の生活状況を考えると今後更に増加すると考えられる疾患です。糖尿病の3大合併症と言われる網膜症、腎症、神経障害もさることながら、この増加の一途をたどる糖尿病が高血圧、高脂血症、肥満などの生活習慣病と相まって心筋梗塞、脳梗塞、下肢の閉塞性動脈硬化症、大動脈瘤等の動脈硬化性疾患を起こす患者さんの増加が国家レベルで危惧されています。私達は微力ながら少しでもこれらの患者さん達への教育指導および治療にお役に立ちたいと願っています。

このページの先頭へ