このページの本文へジャンプする

MEセンター

MEセンターの概要

臨床工学技士はコメディカル(医師以外の各種の医療技術者のこと)の一種であり、ME(メディカルエンジニア)とかCE(クリニカルエンジニア)と呼ばれています。現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストで、医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。
当センターの業務は、生命維持管理装置の操作及び保守、点検、管理と病院内の医療機器全般の管理を行っています。外来、手術室、一般病棟など多方面にわたり、様々な診療科に関わり活動しています。
また院内で医療従事者を対象とした医療機器の勉強会も行っています。

MEセンターの業務

医療機器の中央管理

機器管理システムで、機器の貸借や点検履歴、故障履歴、稼働状況等を把握し、機器管理を行っています。 医療機器(人工呼吸器、輸液・シリンジポンプ、低圧持続吸引器、経腸栄養ポンプ)を一括管理し、専用計測機器、治具で機器の保守点検及び修理を実施しています。

  • ポンプの点検
  • ポンプの分解修理
  • 呼吸器の点検

心臓カテーテル検査・治療業務

下記の装置のおよびポリグラフ操作、観察、各種デバイス(材料)の管理を行っています。

  • 心臓カテーテル室
  • IVUSの操作
  • OCTの操作
  • 造影剤時自動注入機セッティング
  • IABPの操作
  • PCPS(経皮的心肺補助装置)の操作

人工ペースメーカー業務

ペースメーカープログラマー

新規ペースメーカ留置術やジェネレータ(電池)交換術時のアナライザー、プログラマーの操作および手術時の介助を行なっています。
ペースメーカー外来も実施しており、ペースメーカー留置されている患者様(現在約80名)のフォローアップを実施しています。

人工呼吸器関連業務

呼吸器ラウンド

生命維持管理装置である人工呼吸器が正常に動作し、かつ効果的に使用されているかをチェックし、呼吸器を装着されている患者様が安全に安心して療養して頂けるよう呼吸器ラウンドを行っております。
各科から呼吸器装着依頼がある時設定装着介助を行っています。

その他の診療科関連業務

CHDF業務

脳神経外科
CAS(頸動脈ステント留置術)、閉塞テスト、頭蓋内動脈圧測定
整形外科
セルセーバ(自己血回収装置)
内科
  • CSII(持続インスリン注入療法)
  • CGMS(持続的血糖測定装置)
  • CHDF(持続緩徐式血液濾過透析)
  • CART(腹水濾過濃縮再静注法)
  • GCAP(顆粒球吸着療法)
  • 簡易PSG(終夜睡眠ポリグラフ)検査など

スタッフ紹介

主任臨床工学技士(医療機器安全管理責任者) 1名
臨床工学技士 1名

MEセンターの理念

患者様が安全かつ安心して医療を受け療養できるよう、臨床工学の専門的知識と技術を持って質の高い医療サービスを提供します。

このページの先頭へ