このページの本文へジャンプする

救急科

救急科の概要

救急科は、主に急病や外傷など、救急処置室での対応を必要とする患者さんの診療にあたります。救急車で搬送されてくる患者さん、通常の外来診療では対応できない状態の患者さんは、まず全身を診て、緊急度や重症度を判断し、必要に応じて早期に状態の安定化を図る処置を行います。心肺停止やショックなど重篤な状態から様々な症状の疾患、外傷、中毒、熱中症などの環境障害や刺咬症まで、対応する範囲の広いことが救急科の特徴です。そのため、専門診療科の医師ならびに看護師や薬剤師などのスタッフと多診療科・多職種のチームとなって、効果的かつ効率的な救急医療を進めることを目標としています。

救急医療は社会と密接に関わっています。近隣の医療施設、また消防、警察をはじめとする行政機関と協力し、平時の救急医療のみならず災害発生時の医療においても、統制の取れた医療を行うための計画の立案や訓練の実施に救急科が積極的に関わり、地域の方々へ安心のある生活を提供できるよう貢献したいと願っています。

スタッフ紹介

中村 俊介 救急科部長

平成五年 長崎大学医学部卒業
専門:神経救急・集中治療

日本救急医学会救急科専門医・指導医
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
日本DMAT隊員
ISLS認定コーディネーター
医学博士
このページの先頭へ