このページの本文へジャンプする

薬剤部

私たち薬剤部員は、お薬の専門家として患者さまの安全を第一に考え、患者さまのニーズに対応したきめ細やかな医療サービスを目標とし、下記の業務に努めています。

保険薬局の方へ

薬剤部の業務

調剤

当病院では、外来患者さまには地域の調剤薬局でお薬を受け取っていただくことになっています。
そのため、主に入院患者さまのお薬や、外来で使用する注射薬や、入院患者さまに使用する注射薬を調剤しています。
お薬の量や、使い方、飲み合わせが適切であるかを確認し、必要に応じて医師に問い合わせを行っています。

入院患者さまへの服薬指導

入院患者さまのベッドサイドを訪問し、患者さまや家族の方に、お薬の作用、副作用、飲み方などを説明し、お薬に対する理解を深めていただけるよう努めています。また、お薬による副作用などを早期に発見するため、副作用歴・相互作用・重複投与のチェックなどを行い、より安全で効果的な薬物治療に貢献しています。

お薬の血中濃度解析(TDM)

専門的な知識や資格を持った薬剤師が、お薬の有効性と安全性を高めるために、特定のお薬について血中濃度の解析を行い、医師に適正な情報を提供し、患者さん1人1人にあった治療計画を支援しています。

抗がん剤の調製

抗がん剤の点滴による治療を受けられる患者さまの点滴注射薬を、安全キャビネット内で調製しています。がんと向き合う患者さんのお薬に関するさまざまな問題解決のため、各部門への情報提供、治療スケジュール管理、また、患者さんのQOL(生活の質)の改善を目的とし、医薬品の情報提供を含めた服薬指導にも取り組んでいます。

特殊製剤の調製

市販されていないお薬を患者さまの病状に合うように調製しています。

医薬品に関する情報提供

患者さま、医師、看護師をはじめとした全医療スタッフに対して、最新の医薬品情報をリアルタイムで提供しています。また、専門的な知識や資格を持った薬剤師が、糖尿病患者さまを対象とした「糖尿病教室」、妊婦・授乳婦さんを対象とした「母親教室」で講義を行うことで、適正なお薬の情報を提供しています。詳しくは、薬剤部までお問い合わせください。

治験※コーディネーター(CRC)

患者さまに安心して治験に参加して頂くために、きめ細やかな治験内容の説明、治療スケジュール管理、併用薬剤のチェック等を行い、創薬をサポートしています。

※治験とは、開発中の薬を実際に使用して頂き、その過程で有効性(効果など)、安全性(副作用など)を確認して医薬品として製造・輸入などの許可を得るために行う臨床試験です。

チーム医療への参加

専門的な知識を持った医師、看護師、栄養士、検査技師、MSW、薬剤師などが、緩和ケアチーム、感染対策チーム、栄養サポートチームなどのチームを結成し、患者さまにあった治療を提供しています。

薬剤部からのお知らせ

入院当日、お薬をすべてお持ち下さい。

入院後、病棟でご持参いただいたお薬、サプリメント、健康食品などをお預かりし、薬剤師が確認しています。お薬手帳や薬剤情報提供書などがありましたら合わせてお持ち下さい。

私たちは、お薬の専門家として「顔の見える薬剤師」を目指しています。
お薬について、不安や疑問に思うことはいつでもお気軽にご相談ください。

薬剤部の紹介(平成24年11月1日現在)

薬剤師 12名  事務1名

日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師 10名
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 9名
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦薬物療法専門薬剤師 1名
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 7名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 5名
日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬認定薬剤師 2名
糖尿病療養指導士 1名
栄養サポートチーム専門療法士 1名
日本DMAT隊員 1名
スポーツファーマシスト 1名

日本病院薬剤師会プレアボイド報告施設

治験に係わる標準業務手順書

※議事録は治験事務局で閲覧できます。

このページの先頭へ