このページの本文へジャンプする

呼吸器外科

診療科の概要

平成21年10月1日に呼吸器外科が新設され、肺癌や自然気胸などの呼吸器疾患の外科的治療を行ってきました。平成25年4月より、乳腺外科の診療も始め、平成26年1月、乳腺専門医(玉置医師)の赴任により、呼吸器・乳腺外科(院内標榜)として再出発することになりました。

診療科の特色

呼吸器外科

主な対象疾患は、肺癌・自然気胸・転移性肺腫瘍・膿胸・縦隔腫瘍・胸壁腫瘍・胸膜中皮腫・診断のつかない肺結節陰影(検診で見つかる小さな肺の異常陰影)・胸部外傷(肋骨骨折、外傷性血気胸)・手掌多汗症などです。手術は、胸腔鏡手術が主体で、痛みや侵襲の少ない手術を心がけています。また、胸水貯留の原因診断や急性膿胸の治療には、局所麻酔下胸腔鏡を呼吸器科と連携して施行しています。

肺癌

呼吸器科と連携して治療方針を決定します。手術は、胸腔鏡を使い出来るだけ小さな傷で手術を行います。術式は、葉切除+縱隔リンパ節廓清が基本で、手術中にリンパ節の病理検査を行い癌の広がりを調べます。2cm以下で小型の肺癌の場合、肺区域切除や肺部分切除という肺切除範囲の少ない術式(縮小手術)を選択することもあります。通常、術後10日から2週間で退院可能です。術後は、癌の進行度により、術後化学療法や放射線療法を行う場合があります。

自然気胸

肺の表面に小さな袋(ブラ)が出来ていて、それが破れて肺がしぼんでしまう病気です。胸痛や呼吸困難が起こります。通常入院が必要で、まず胸腔ドレナージ(胸に細い管を入れて、貯まっている空気を外に出す方法)を行い、空気漏れがなければ2〜3日目に管を抜き、翌日退院です。しかし、空気漏れが続いたり、CTにてブラ(肺の表面に出来た小さな袋)がはっきり見える場合、入院期間の短縮や再発予防のため胸腔鏡手術を勧めています。術後は、3〜4日目に退院可能です。場合により、通院での治療(細い管を胸に入れて、小さいパックを繋いでおきます)も可能です。

診断のつかない肺結節陰影に対する胸腔鏡下肺腫瘍生検

検診の胸部レントゲンやCTで見つかった肺の1〜2cmの影(肺結節陰影)は、初期の肺癌である可能性が高くても、気管支鏡などで診断が出来ないことが多くあります。そのような場合、胸腔鏡手術にてその肺結節を切除し術中の迅速病理検査を行い、良性(肺癌でない)なら、それで手術を終了し、悪性(肺癌)と診断されれば、引き続き根治手術(肺葉切除または区域切除)を行います。

局所麻酔下胸腔鏡

胸水貯留の原因診断や急性膿胸の治療に施行しています。
胸に局所麻酔で1cm位皮膚切開を行い、肋骨の間から胸腔鏡(径10mm位の細い内視鏡)を入れ、胸腔内を観察します。胸水貯留の場合は、その原因疾患として結核性胸膜炎、肺癌・乳癌などの胸膜転移、石綿胸水、悪性胸膜中皮腫などが考えられるので、採取した胸水の検査とともに、胸膜生検を行います。急性膿胸の場合は、胸腔内に溜まっている膿(汚い胸水)を吸引し、出来るだけ肺を広げて、膿の溜まるスペースを少なくなるようにします。どちらも、最後に胸腔ドレーンという管を留置し、器械にて持続吸引を行います。

手掌多汗症

両側の手の平に汗を多くかき、日常生活にも支障をきたす病気です。胸部の交感神経を切断(または焼灼)することにより、改善することがわかっており、これを胸腔鏡手術にて施行します。成功率はほぼ100%ですが、代わりに背中の汗が多くなります(代償性発汗)。手術翌日に退院可能です。

乳腺外科

平成26年1月に新設され、和歌山医大第1外科(心臓血管・呼吸器・乳腺外科)の関連のもと、乳癌、乳腺症、線維腺腫、乳腺炎などの乳腺疾患診療を行っています。

主な対象疾患は乳癌で、女性の悪性腫瘍の中で罹患率が1位というだけでなく、30-60歳の病因死の中でも1位である疾患です。当科では女性医師による乳がん個別検診も行っており、患者さまに「検診+自己検診」の有用性や、早期に発見すれば治癒率が高いことをよくお話しし、マンモグラフィ•超音波検査•針生検などのモダリティーを利用して乳癌の早期診断に努めています。

さらに治癒率を高めるためには薬物療法が重要です。副作用管理を徹底的に行い、標準量の抗がん剤治療ができるチーム医療の治療体制を整備しています。

また、手術には乳房造影MRIによる広がり診断が欠かせません。乳房造影MRIでは乳癌の乳房内の広がりとリンパ節転移の予測を行い、術式を決定します。 局所麻酔下にセンチネルリンパ節生検を行い、転移のない場合には郭清を省略することができます。

治療におきましては、患者さま一人一人に適した方針を一緒に相談したうえで選択し、外科療法・薬物療法・放射線治療法を組み合わせた標準的治療を提供させていただきます。

スタッフ紹介

氏名 役職 出身大学 専門 専門医・認定医等
玉置 剛司 呼吸器外科部長 平成2年
自治医科大学医学部卒業
乳腺外科 日本乳癌学会乳腺専門医
マンモグラフィ読影認定医
乳房超音波検診資格認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認医・暫定教育医
日本外科学会指導医・専門医
日本医師会認定産業医
医師臨床研修指導医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
川路 万理 呼吸器外科医師 平成23年
和歌山県立医科大学医学部卒業
乳腺外科、呼吸器外科 マンモグラフィ読影認定医
ACLSヘルスケアプロバイダー
BLSヘルスケアプロバイダー

手術実績

平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
原発性肺癌 27 26 26 20
転移性肺腫瘍 3 3 3 7
自然気胸 10 15 10 6
縱隔腫瘍 2 0 2 6
手掌多汗症 0 1 1 2
乳癌 0 0 0 11
その他の手術 12 17 29 31
合計 54 62 71 83

学術実績

平成25年 呼吸器外科学術実績

このページの先頭へ