このページの本文へジャンプする

血液内科

主な疾患について

血液内科では、全身を流れている血液やリンパ系に関する病気を治療しています。
その中で、主な疾患についてご紹介します。

1. 白血病
ガン化した白血球が増えた病気です。発熱・貧血・出血が3大症状である急性白血病は、進行が早いため、診断がつき次第、適切な治療を始めることが大切です。健康診断などで発見されることが多い慢性白血病は、進行がゆるやかですが、放っておくと、急性白血病へ移行することがあり、こちらも的確な治療を行うことが重要です。治療は、抗がん剤が主体ですが、一部の病型では、分化誘導療法や、標的療法が開発されており、最近の治療成績は格段に向上しています。
2. リンパ腫
リンパ系でガン細胞が増えた病気です。発熱・寝汗・体重減少が3徴といわれています。病変部の組織(生検など)により、病型(ホジキン/非ホジキンなど)を診断し、全身の検査(PET-CTなど)により、進行度(病期)を把握します。日本人に多いタイプである、非ホジキンリンパ腫では、抗がん剤や放射線療法のほかに、抗体療法を併用できる場合が多く、この治療法の登場により、以前と比べてその成果には目を見張るものがあります。
3. 骨髄腫
骨髄の中で一部の細胞(形質細胞)がガン化した病気です。腰痛などの、骨の痛みがなかなか治らないことが、発見のきっかけであることが多いです。進行すると、貧血や腎障害をきたします。治療は、抗がん剤を基本として、ステロイド療法や、免疫賦活療法や、放射線療法を組み合わせて行います。これらにより、入院時、痛みにより寝たきりの患者さんが、退院の際には、歩いて帰られる場合も出てきています。

 以上の病気で、適応(年齢が比較的若く、合併症・既往歴が重篤でない)のある方には、和歌山医大や日赤などと連携の上、造血幹細胞移植(骨髄移植)も考慮しています。また、抗がん剤治療や輸血療法は、入院だけでなく、化学療法センターを利用(予約制)した、外来通院でも行っています。 上記以外で、代表的な疾患を挙げます。

  • 骨髄異形成症候群(前白血病状態)
  • 再生不良性貧血(汎血球減少・特定疾患)
  • 真性多血症・本態性血小板血症(骨髄増殖性疾患)
  • 特発性血小板減少性紫斑病(血小板著減・特定疾患)
  • 後天性血友病(凝固因子異常)、など

血液内科で診療しているすべての病気については、中央検査部における血液検査などでの迅速かつ的確な診断、薬剤部における治療薬の精確な調合、看護部における手厚く行き届いた看護、ご家族を含めた皆様への丁寧な病状説明とそのご理解・ご同意、これらすべてが備わって初めて、皆様に最適な治療を提供できるものと思っています。
今後も、各担当部署、力を合わせて参りますので、よろしくお願いします。

スタッフ紹介

阪口 臨 血液内科部長
平成9年 大阪市立大学医学部卒業
専門:血液疾患(一般・腫瘍)
骨髄移植推進財団調整医師
インフェクションコントロールドクター

診察日・担当医表

臨床実績

平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
悪性腫瘍患者数(以下疾患別) 206 247 267 269
急性骨髄性白血病 13 12 13 15
急性リンパ性白血病
慢性骨髄性白血病 12 13 12 12
慢性リンパ性白血病
骨髄異形成症候群 41 53 59 50
悪性リンパ腫 118 140 151 162
成人T細胞白血病/リンパ腫
多発性骨髄腫 15 21 23 20
特定疾患患者数(以下疾患別) 23 26 29 33
再生不良性貧血
特発性血小板減少性紫斑病 18 21 24 29

学術実績

平成25年 血液内科学術実績

このページの先頭へ