このページの本文へジャンプする

泌尿器科

泌尿器科とは

 

泌尿器科で取り扱う臓器は副腎、腎、腎盂、尿管、膀胱、前立腺、尿道、精巣、陰茎などをあげることができます。これらの臓器および組織に発生する病気には尿路結石、尿路感染症、尿路性器の外傷や癌、前立腺肥大症、尿失禁、神経因性膀胱、性機能障害(ED)などがあります。当科ではこのような疾患の診断・治療と予防を行っています。

特色

 

泌尿器科全般を取り扱う専門診療科であり、日本泌尿器学会認定の専門医教育施設です。地域の基幹病院として、男女の尿路疾患、男性の性器疾患の高い水準の治療を目指しています。新しい治療法を積極的に取り組み、苦痛の少ない検査や治療にも心がけています。

スタッフ紹介

鈴木 淳史泌尿器科部長
昭和62年和歌山県立医科大学卒業
専門: 前立腺癌
資格:日本泌尿器科学会認定医・専門医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定
臨床研修指導医
医学博士
森 喬史泌尿器科医師
平成14年 和歌山県立医科大学卒業
平成21年 和歌山県立医科大学大学院修了
専門: 泌尿器科学一般
資格:日本泌尿器科学会専門医・指導医
楠本 浩貴平成18年島根大学医学部卒業
平成27年和歌山県立医科大学大学院修了
泌尿器科医師
専門: 腎癌
尿路結石症
上田 祐子泌尿器科医師
平成25年 和歌山県立医科大学卒業
専門:泌尿器科学一般

診察日・担当医表

入院及び手術実績

診察日程

診察日1診2診3診
月曜日鈴木楠本 
火曜日

楠本

 
水曜日手術日
木曜日鈴木上田 
金曜日手術日

診療内容

 

◆ 高血圧の原因となる副腎の腫瘍や過形成に対する外科治療として、腹腔鏡手術を行っています。

◆ 尿路性器の悪性腫瘍治療法は近年大きく変わりつつあります。腹腔鏡手術がその1つです。腎細胞癌、腎盂尿管癌の多くで腹腔鏡手術が行われるようになっています。当科でも2008年2月から臨床応用しています。腎癌の5年生存率は(臨床病期Ⅰ、Ⅱ:83.6%、Ⅲ:88.9%、Ⅳ:11.9% です

◆  膀胱癌の治療では8割が内視鏡による切除術を行っています。再発予防にはBCGの膀胱内注入療法を行っています。浸潤性膀胱癌には膀胱全摘が必要ですが、術後の生活の質を重視し代用膀胱形成術による尿路変更にも取り組んでいます。浸潤性膀胱癌の5年生存率は臨床病期Ⅱ:64.2%、Ⅲ:33.8% です

◆  前立腺癌では腫瘍マーカー(PSA)により早期発見される患者さんが増えています。癌を診断する前立腺生検術の検討では、当科での癌の検出率は40%前後でした。検査による合併症は6%前後にみられました。生検で発見される癌の多くは臨床的には早期癌で、私たちは前立腺全摘出術による治療を積極的に行っています。その他の治療には放射線療法、内分泌療法、PSA監視による経過観察などの治療法があり、患者さんの年齢や合併症、病気の進み具合を考慮して治療法を決めています。

◆  尿路結石症に対する治療も変わりつつあります。従来多くの結石で体外衝撃波結石破砕術が行われてきましたが、最近では軟性尿管鏡で直視しながらレーザーで砕石するという方法が注目され、応用範囲が拡がってきています。私たちも2008年度よりこの方法による治療を行っています。

◆  前立腺肥大症は高齢男性を悩ませる病気です。当科では、肥大した腺腫を電気メスで切除する内視鏡による前立腺切除術を準的治療として行っています。またレーザーによる前立腺肥大組織の内視鏡的核出術が最近注目されています。当科でも施行できるようになりました。

◆  女性を悩ませ、日常生活の質を低下させる病気が腹圧性尿失禁です。骨盤底筋体操はいい方法ですが、手術による治療法も進歩してきています。今後、臨床経験豊富な専門医の応援・指導を受け、メッシュを用いた尿失禁防止術にもとり組んでいきたいと考えています。

◆  男性の性機能低下の治療法は薬物療法が中心です。お悩みの方は気軽にご相談ください。なお健康保険は使用できませんので、自費診療となります。

 私たちは、科学的根拠に基づいた医療を実践しつつ、新しい医療も積極的に取り入れ、かつ安全な医療に心がけながら、患者さんの社会復帰に努力していこうと考えています。今後ますます高齢化がすすみ、私たちの泌尿器科医療も社会的にますますクローズアップされてくることが予想され、高齢者の福祉に貢献できるよう頑張りたいと考えています。

臨床実績

  平成24年平成25年
腎・腎尿管癌手術後腹膜膿瘍手術10
 後腹膜腫瘍摘出11
 開腹副腎摘出11
 ラパロ副腎摘出03
 開腹腎摘出20
 開腹根治腎摘出34
 ラパロ根治腎摘03
 開腹腎尿管全摘77
 ラパロ腎尿管全摘11
 経皮的腎結石摘出31
 腎瘻造設810
 腎嚢胞穿刺14
尿管尿管切石術10
 経尿道的尿路結石除去術2513
 尿管鏡165
 ESWL165
 ステント留置105
 尿管尿管吻合術03
膀胱膀胱全摘42
 新膀胱形成10
 尿管皮膚瘻32
 膀胱部分切除術22
 経尿道的膀胱腫瘍切除6453
 経尿道的電気凝固133
 膀胱砕石術57
 膀胱憩室切除10
 膀胱瘻造設11
 膀胱破裂手綬30
前立腺・尿道前立腺全摘出術1512
 経尿道的前立腺切除129
 レーザー前立腺切除04
 尿道狭窄内視鏡手術53
 尿道小阜切除21
 外陰腫瘍切除01
陰嚢内容ほか高位精巣摘出22
 精巣固定53
 精索腫瘍摘出10
 陰嚢水腫手術54
 精液瘤切除02
 精索徐脈瘤手術10
 包茎手術75
 尿膜管切除31
 249183

学術実績

泌尿器科 平成25年学術実績

このページの先頭へ