このページの本文へジャンプする

手術室

当院手術室は6室、9診療科で年間約3850件の手術を行っています。患者や家族にとって手術は非常に不安なものです。わたしたちは、少しでも不安が軽減できるように手術中だけではなく術前から麻酔科医とともに患者と面接を行い、カンファレンスを実施しています。それらの情報をもとに多職種と連携をはかり患者が安心して手術を受け、合併症を併発することなく病棟へ帰室できるような体制を整えています。カンファレンス実施症例には術後訪問を実施し、常に患者に寄り添った看護を提供したいと考えています。

手術室では安全でより良い周術期看護を提供するため学習会の開催や学会・院外研修に積極的に参加しています。また新人看護師には実地指導者による指導やサポーターによる精神的フォローを行い、実際に器械を使用して勉強会を開催するなど、知識・技術を獲得し成長できるように努めています。


麻酔導入時の看護


手術室看護師による術前説明


手術室内の様子


実際の器械を用いての指導風景

このページの先頭へ