このページの本文へジャンプする

認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師 山田 桂子

皮膚・排泄ケア認定看護師は、褥瘡など創傷やスキントラブルのある患者へのケア、オストメイトの術前から退院後を含め、自立と社会復帰への支援を行っています。この分野はスキンケアが基盤となっています。様々な原因で発生するスキントラブルに対して予防や治癒を促すケアを実践しています。また、褥瘡回診などチーム活動にも参加し、多職種で患者、家族へ関わり、QOL向上を目指しています。看護スタッフには、直接ケアや相談指導を行い、質の高い看護ができるように活動しています。

がん化学療法看護認定看護師 的場 香

がん化学療法を受ける患者や家族が安心して安全に治療ができるように院内での活動を行っています。また、患者や家族が感じている不安や悩みをお聴きし、できることを一緒に考え、がんを抱え治療を受けながらもその人らしい日常生活が送れるように多職種で協力しながら支援をしていきたいと思っています。

糖尿病看護認定看護師 大川 聖子

糖尿病を持つ方が生涯にわたり糖尿病と上手く付き合いながら、その人らしく生活できるように心がけています。いつでも相談できるパートナーとして、日本糖尿病療養指導士と共に外来療養相談やフットケア、入院中の療養指導、糖尿病教室などを行っています。また、糖尿病と診断されていない方々にもどのようにすれば糖尿病を予防できるか食事・運動・日常生活についての知識や方法を幅広く知っていただく活動も行っています。

救急看護認定看護師 早田 修平

救急看護は、脳血管障害、熱傷、中毒、感染症などの多種多様な疾病・外傷を有したあらゆるライフステージの患者とその家族を対象としています。病態の緊急度・重症度を基軸として、少ない情報から患者の状態を判断し、急激な状態変化に即応した看護援助を提供します。また、患者の社会復帰を見据えて心身の障害を最小限にとどめる役割も担っています。

認定活動としては、急変対応が適切かつ迅速にできる看護師を1人でも多く育てていけるよう関わるとともに、急変する前の段階で介入することを目標にしています。スキル向上のために、救命技術研修や院内急変患者の振り返り、急変シミュレーションなどを企画・運営しています。

感染管理認定看護師 太田 かおり 太田 岳志

感染管理認定看護師は、組織横断的に、当院に関わるすべての人々を医療関連感染から守ることを目的とし、医療従事者が臨床現場において感染防止につながる技術の提供や知識を得ることができるよう実践・指導・相談を行います。また、感染対策は、一部の医療従事者だけが実践すれば効果が得られるものではありません。ICT(感染対策チーム)やリンクナース・リンクスタッフと協働し、感染対策活動を行い、当院に関わるすべての人々が感染対策を理解し、実践できるよう活動しています。

摂食嚥下障害看護認定看護師 橋本 眞由美

脳神経外科病棟に勤務し、脳血管疾患患者の経口摂取へのアプローチが急性期から始められるように病棟スタッフとともに頑張っています。また、頭頸部の手術後や誤嚥性肺炎の患者も多く、病棟を横断的に活動し、多職種と協働しています。最近は、病院内だけでなく、地域の看護職の方々とも交流しています。口から食べることができた時の患者や家族の方の笑顔を一人でも多く見ることができるよう「安全に一口でも口から食べていただこう」を合言葉に頑張っています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 柿本 希世

脳卒中は、突然発症し、意識障害や運動機能障害、高次脳機能障害を伴うことが多い疾患です。そのため、患者やその家族の人生や生活に大きく影響します。私の役割は、①重症化の予防や廃用症候群などの合併症の予防、②急性期からその人らしい生活が送れるように生活の再構築のための日常生活動作の獲得への援助です。さらに障害に応じた自立支援のため、多職種と連携し、チーム医療や地域連携を促進しています。

このページの先頭へ