このページの本文へジャンプする

看護部について

和歌山ろうさい病院の理念

看護部長からのメッセージ

こんにちは。看護部長の佐野です。

当院は和歌山市内北部に位置する303床の急性期病院です。(7対1入院基本料)
地域医療連携病院として地域住民の方々に高度な医療を提供することを理念としています。

看護部は「安全・安心・安楽な看護の提供」を理念とし、多職種と連携・協働しながらよりよい看護ケアを追求し実践しています。

看護提供方式は、固定チーム継続受持ち制を基本として、看護師がペアを組み、パートナーシップを発揮しながら日々の看護ケアを行う方式を取り入れています。
先輩看護師とペアを組むことで、勤務をしながら自然とスキルを身につけることができ、何より、相談相手がいつもそばにいることは、安心・安全につながります。

やさしい環境と雰囲気の中で、ゆっくり確実に専門的な知識と技術を獲得することができます。一人ひとりが能力を高め、向上心を持ち続ける看護師の育成に励んでいます。

看護部長 佐野 恵子

看護部の理念

安全・安心・安楽な看護を提供する

看護部の方針

  • 看護者の倫理鋼領に基づき、信頼される看護を提供します。
  • チーム医療において看護の専門性を発揮し質向上に努めます。
  • 地域の人々や勤労者の生活に基盤をおいた看護を実践します。
  • 組織と個人の成長を促進します。
  • 働きやすい職場づくりに努めます。

看護提供方式

安全で質の高い看護の提供を目的に「固定チーム・デイパートナー方式」を導入しました。固定チーム・デイパートナー方式とは、個々の患者に対して受け持ち看護師が入院から退院まで責任を持って看護を提供する固定チーム継続受持制を基本に、看護師がペアでパートナーシップを発揮し、日々の看護ケアを行う看護提供方式です。

ペアで行うことによって、常にパートナーと相談しながら看護に取り組むことができ、また、ベッドサイドにいる時間が多く、タイムリーに連続的な看護ケアを提供することができます。

導入後、スタッフからは「1日のスケジュールを立てる際、お互いに助言し合えている」「経験年数の上下に関係なく相談し、補い合えている」「ダブルチェック機能が働いて、安全につながっている」などの声が聞かれています。

日勤の仕事の流れ

院内イベント情報

5月 看護の日

地域の皆さまに『市民公開講座・健康フェスティバル』に参加していただきました。

患者様おひとりおひとりに、メッセージカードを添えて記念品をお届けしました。

7月 ふれあい看護体験

中学生、高校生が職場体験に来てくれました。

12月 クリスマスイベント

患者様にクリスマスの雰囲気を楽しんで頂くため、病院随所にクリスマスディスプレイを行ったり、イベントの企画をしています。


薬剤師チームによるハンドベル演奏


中庭のクリスマスディスプレイ

小児科病棟でのクリスマスイベント
サンタさんから、検査技師手作りのバルンアートを患児にプレゼントしています。

1月 近隣中学校へのBLS講義

H28年度 認定看護師によるナーシングセミナー予定

6月 フットケア(糖尿病看護認定看護師)

7月 嚥下評価と食事介助(摂食嚥下障害認定看護師)

9月 ポジショニング(皮膚・排泄ケア認定看護師、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師)

10月 手指衛生(感染管理認定看護師)

11月 抗がん剤による皮膚トラブル(がん化学療法看護認定看護師)

12月 BLS(救急看護認定看護師)

1月 フットケア(糖尿病看護認定看護師)


嚥下評価と食事介助(実際に受講者が患者役、看護師役となっての演習を行いました)

このページの先頭へ