このページの本文へジャンプする

新人・先輩の声

「新人の声」おおかわちさん 出身校:関西労災看護専門学校

所属している部署は脳神経外科、小児科、皮膚科の病棟です。初めは、分からないことばかりでしたが、デイパートナーシップ方式を取り入れていることで、指導者とペアで業務を行い、直ぐに相談することができ、とても安心して働くことができる環境だと感じています。
日々、職場で患者様や先輩から多くのことを学んでおり、これからもより良い看護を提供できるように、自己の知識や技術を磨き、頑張っていきたいと思っています。

「新人の声」あかいさん 出身校:大阪労災看護専門学校

CIMG2787

私が所属している病棟は、呼吸器内科・呼吸器乳腺外科・耳鼻咽喉科・眼科の混合病棟です。様々な疾患、治療方針があることから、毎日覚えることがたくさんありますが、日々先輩とペアで看護を行う中で、患者アセスメントやコミュニケーションスキルを学んでいます。また病棟の雰囲気も良く、わからないことを質問しやすい環境であり、先輩方から多くのことを学び、社会人として看護師として成長できる場であると実感しています。
今はまだ未熟ですが、患者様が安心して安全な医療を受け、その上、生活の質も向上できるような看護を努めていきたいです。

「新人の声」いわきさん 出身校:大阪労災看護専門学校、白鳳短期大学専攻科助産学専攻

所属の部署には、産婦人科、消化器内科、整形外科があり、様々な治療方法や看護を学ぶことが出来ます。また、分娩があり生命の誕生の瞬間に立ち会えることも特徴です。
勤務して1年が経ち、看護業務に加え助産業務も行うようになってきました。日々学ぶことがたくさんあり、頼りになる先輩方のサポートを得ながら着実に成長できる病棟です。これからも、看護師としても助産師としてもスキルアップしていけるように頑張っていきます。

「先輩の声」いけながさん 出身校:和歌山県立高等看護学院

私が労災病院を選んだ理由の一つは、働く環境がよく、離職率が低いということでした。 実際に就職し、担当部署が手術室と知った時は、今まで実習経験もなく知識もないため、自分に手術室看護師が務まるのかと不安が大きかったのを覚えています。
しかし手術室の先輩看護師が一つ一つ丁寧に教えてくれたことや、実地指導者が1対1で相談にのってくれたので、3年間頑張ることができました。
来年からは4年目となり、後輩看護師も増えているため、先輩から学んだことを次は自分が後輩看護師に伝えていき、一緒に頑張っていきたいと思います。

「先輩の声」やましたさん 出身校:大阪府立大学看護学部

image001

看護師になり4年が経ちました。配属の病棟は外科・血液内科病棟であり、新人の頃は戸惑うことばかりでしたが、当院は新人教育が充実しており、研修や技術演習を通して知識や技術を一歩一歩身につけることができ、少しずつ自信を持つことができました。また、スタッフの雰囲気が良く、看護師として一人の女性として、目標にしたいと思う先輩方に出会いました。そんな先輩方と共に、患者様により良い看護を提供するため毎日カンファレンスを行っています。そこでも学ぶことが沢山あり、充実した時間を過ごしています。今では新人看護師をサポートする立場になり、一緒に看護していく中でお互いに学ぶことも多く、日々一緒に成長しているように思います。
さらに病棟スタッフはお花見やキャンプなど季節の行事があり、多職種が和気あいあいとしているのも、自慢できるところの一つです。

「先輩の声」たかださん 出身校:大阪医専

image001

私は現在看護師6年目で外来に所属しています。保健師の資格を活かし、勤労者看護や予防医療の観点から患者指導を行っています。問題が解決し、患者様の安心した顔がみられた時とてもやりがいを感じています。全職員が協力しあい問題解決に向け取り組んでいる所や、自分の持っている資格を活かしやりたい看護ができる環境を整えてくれる所が当院の魅力だと感じています。

このページの先頭へ