このページの本文へジャンプする

新人・先輩の声

「新人の声」みなみさん

看護師になり、もうすぐ一年が経ちます。一年前は看護師としてやっていけるのか不安でしたが、デイパートナーシップ方式で先輩から多くのことを学び経験を重ねることができています。
患者さんに最善の看護が提供できる看護師に成長していくために毎日、楽しく働いています。

「新人の声」さきやまさん なかのさん

手術室配属と知った時、初めは不安や戸惑いがありました。
先輩方にサポートしてもらい、手術介助に必要な解剖生理や疾患、術式などを日々学んでいます。できることが少しずつ増えていく中で、自己の成長を感じることができ、やりがいや意欲の向上に繋がっています。

「先輩の声」みねさん

私が和歌山労災病院を選んだ理由は、地域の人々に親しまれている病院であり、自分自身、実習病院で好印象を持ったからです。ICU/救急に配属となり、今年で3年目になります。当初はICUがどのような部署かイメージできず不安でいっぱいでした。しかし、指導者や先輩看護師と一緒に看護していくなかで丁寧に教えていただき、少しずつできることが増え自信となりました。また、新人看護師同士で相談したり、経験したことを共有したりすることで学びを深めてきました。今は、救急室で救急看護を中心とした勉強をしています。これからも、日々新たに勉強し知識を増やして、安全・安心・安楽な看護につなげていきたいと思います。

「先輩の声」よしださん

看護師になり3年が経過しました。配属部署は整形外科・泌尿器科病棟で、手術や化学療法など多岐にわたった治療を受けられる方がおられます。私は新人看護師として勤務をはじめたころのことを振り返ると、日々新しい経験があり、不安と緊張でいっぱいでした。しかし、充実した新人看護師教育と手厚い先輩看護師の指導を受け、少しずつ自分自身の看護に自信を持つことができるようになりました。今では患者様との関わりを通して、看護へのやりがいを感じています。これからは先輩看護師として、これまで教えてもらったこと、患者様から学ばせていただいたことを後輩に伝え、共に看護を行い共に成長していきたいです。

このページの先頭へ