このページの本文へジャンプする

新人教育

和歌山労災病院新人看護職員研修の教育目標

1. 教育目標

  1. 新人看護職員が安全に必要な看護を実践できるよう育成する。
  2. 新人看護職員が職場に適応できる。

2. 新人看護職員研修の位置づけ

当院では、キャリア開発ラダーをクリニカルラダー(ビギナー・ラダーⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ)で構成している。そのクリニカルラダーレベルの「ビギナー」教育を当院の「新人看護職員研修」に位置付けている。

新人看護師教育体制

※サポーター:経験3年以上。各新人看護師が職場になじめるよう気軽に話せる決まった相談相手(1対1)。職場適応を促すように応援する役割を担う。

新人教育プログラム

新人看護職員公開研修募集

研修後の感想

  • 一人では悩む場面も、みんなで一緒に考えることができました。
  • コミュニケーションスキルを学び、普段の言動を振り返ることができました。
  • 自己学習ではわからなかったことも、先輩方にアドバイスをもらい、より理解が深まりました。

研修では、新人同志で意見交換ができ、仲間作りの場にもなっています。


コミュニケーション研修


看護技術研修(血糖測定)


技術演習(輸液・シリンジポンプの取扱い)


看護技術研修(ポジショニング)

5月

  • 職場を離れた環境で、心身のリフレッシュを図ることができました。
  • グループ活動を通して、より一層友達の輪がひろがりました。

貴志川沿線散策

活動の成果発表

このページの先頭へ