このページの本文へジャンプする

外来

医療の高度化・在院日数の短縮化に伴い、外来での手術・治療は増加し、内容もより高度化しています。そのような中、日常生活上の問題やさまざまな不安を抱えながら通院されている患者様も多く、治療中の看護、生活指導、精神的社会的支援など、外来看護に求められる役割は、ますます重要になっています。

私たちは、患者様に少しでも安心して療養に専念できるように、生活の視点から、より質の高い看護サービスの提供を目指しています。外来では、認定看護師、内視鏡技師、糖尿病療養士など専門的で経験豊富な看護師がそれぞれの持ち味を生かして、日々の看護を実践しています。また、患者サポートセンターの術前相談室では、入院前から外来看護師が手術に関する説明支援を行っています。

外来は、子育て中のスタッフも多いですが、みんなで協力し合いながら、家庭も仕事も充実できるよう前向きに取り組んでいます。


内視鏡室での検査介助


がん化学療法認定看護師によるカウンセリング


療養指導の様子


術前支援センター


術前指導の様子

このページの先頭へ